いざというら子供を預け入れる事が出来なくて困った件について

産後至急男性の自宅の近くに引越してきました。こちらは母さんが他界しているので、近所に夫の父母がおる方が感激です言われて越してきましたが、世の常がぶっ飛びのお義母様。長男1才の時分、お父さんがオペをやる立ち会いをしなくてはならなかったので、夫とご父母に預けた事がありましたが、まさかの放置遊び。離乳食、おむつ、母乳等々フルセット用意したにも関わらず、朝から夜間10日数まで、母乳2回、オムツはウンチのまま最初回のみしか替えてもらえませんでした。大人間が3人間もいてその振舞い。毎日泣きっぱなしで、最後は疲れて寝たそうです。お義母様は自分が最先決なので、放ったらかしにして、チャットにリクエストの間だったんだと思います。クリニックで待たせるのが可哀想で連れて行かなかった事を自責しました。それ以来、もう2度と預けないと決定しました。こちらが出かけて夫に児童を預け入れると自分で心配見きれないので自宅に連れて行ってしまったり、客間の間ゴミだらけでチョコレート食べさせ食物無しでいた事もあり。夫に預け入れることも出産してから3才半分まで数回だ。傍も越してきたばかりで、児童をお願い出来るまでの人付き合いも無いので、どこに出向くにも連れて行かないとなりませんでした。パパが積極的に養育に参観やる住居が妬ましい身の回りでした。今は幼稚園に入園したので、やっと安心して児童を預けられる考え方ができてほっとやるところです。アイリーバストアップリフターで理想のサイズになりました!

やり方のリアリティが力作のやりがい

僕が影響を受け、そしてここで紹介するアニメは、小林立教官作品「咲-Saki-」だ。こういう力作は、麻雀の競技人口が数億人を超えたというイメージで、高校麻雀会員に焦点を当て、そのフェスティバルで活躍する女児陣を描いたチャットだ。スピンオフ力作も複数作られ、アニメ化、舞台化を果たし、稀有階級です麻雀アニメという分草原で圧倒的に人考えを得た力作でもあります。

こういう力作の魅力は、図式の可愛さや、イメージ、アビリティーを駆使した闘牌攻防等がありますが、僕が強いと感じたのは、ユニークはじめ人はじめ人の確立の細かさだ。身長や年、本性等は当然としても、お年や父母の業、ファミリーシステム、経済状況、嗜好等も考えられています。凄いのが、それがほぼ全人物考えられていることです。「咲-Saki-」関連には、登場人商品が弱く100を乗りこえますが、主要人物、モブキャラ関係無く確立が考えられています。力作を考察する追っかけに因ると、通学路まで設定されているのではないかという論理もあります。ここまで詳細に確立が盛られていると、もうそのユニークが実際に生きているかのとも見えてきます。

「咲-Saki-」の力作の本質として、追っかけによる好きな人物がばらける、というものがあります。普通は、メイン人公のいる勉学の人物や、ライバル校の人物が人考え人物になるでしょうが、「咲-Saki-」はそうではありません。力作の場合に数話しか登場しなかったモブにほど近い人物ですら追っかけが数多く付きます。それは、確立がしっかりと考えられ、ユニークにリアリティが生まれていたことが要因の一つではないかと思っています。そして、ユニークはじめ人はじめ人の実相フィーリングが、力作全体のやりがいへと繋がっているのかもしれません。

ちなみに、私の好きなユニークは清澄ハイスクール麻雀会員、原村和のお母様、原村嘉帆氏だ。44才ですが、非常に若く、魅力的です。セルノートの@コスメ評価が高くでびっくりしました。

探偵になるには

探偵になるルート
 探偵になるルートにも色々ありますが、日本では欧米のように探偵になる為に必要な「この資格がなければ探偵を名乗ることもできないし、探偵として働くことも認められていない」と言う公的な資格はなく、ライセンス制度でもありません。
 ですから、どなたでも探偵を名乗ることができますし探偵になることは可能ですが、一般的には探偵事務所や興信所などで働きながら経験を積んだり、最近各方面から注目を集めている探偵学校に入学し、ノウハウや知識を学んで探偵としてのスキルを身につけ、探偵としてデビューする2種類のルートのいずれかの方法を選択することになります。あるいは便利屋さんで働くうちに探偵のお仕事に興味を持ち、本格的に探偵を目指すようになった方もいらっしゃいます。

 ちなみに、探偵を育成する為の専門学校を経営しているのは基本的に全国規模でチェーン展開しているような探偵事務所です。座学の授業形式、そして実践的なノウハウを学ぶ模擬調査によって探偵に必要な聞き込みや張り込み、尾行の基本的な知識、テクニックを教えて貰うことができます。

 もちろん独学でも探偵になることはできますが、アルバイトや社員として探偵事務所に雇って貰うならともかく、独立開業するとなると少々ハードルが高くなるかも知れません。ちなみに、多くの探偵学校や卒業後の就職もサポートするような特典を謳っていますが、探偵と言う職業は誰もが簡単にお仕事をこなせる程簡単な業務内容ではありませんし、不況続きと言うこともあり学校の卒業生全員が確実に正社員として雇われるわけではありません。

 
探偵に向いている方
 探偵と言う職業に求められる性格、要素と言えば忍耐力、と断言することができますが、では探偵に向いている性格となると一概には言えません。実際、なぜ探偵と言う特殊なお仕事を目指したのか、就業動機も人それぞれです。人によってはドラマのような経験を望んいたり、映画やドラマ、小説の刑事ものに憧れていたり、事情があって人目に触れないようなお仕事を希望していたり…。困っている方を助けたい、とボランティアスピリットに溢れている方もいれば、なんとなく便利屋のようなお仕事をするうちに気がついたら探偵になっていた、なんて方も。
 ただし日本の探偵は海外のように警察官など元警察関連の人間はそう多くはありません。元警察関連の探偵もいることはいますが、欧米のように「前職はたいてい警察関連」と言う程割合は高くはありません。

 実際、探偵一人一人をチェックしてみると、外見も体格も性格もばらばらであまり共通項は見当たらない筈です。尾行を得意とする目立たない外見が特徴的な方、初めて会った人間に警戒心を抱かせない人当たりの良い方、そして体力に自信があったり徹夜が得意な方は張り込みに向いているでしょう。

 探偵には色々なお仕事がありますから、探偵になりたい、探偵として活躍したい、と言う気持ちさえあればご自身の個性や性格を活かすお仕事は必ずある筈です。目立たない、影が薄い、存在感が希薄…なんて一般的にはデメリットとされる特徴も尾行などに向いていますし、そういったところは普通のお仕事とはかなり異なる点です。

 
探偵のメリット
 探偵として働くメリットにも色々ありますが、やはり普通の方、普通の職業では経験できないような世界を垣間見ることができる点はこの職業最大のメリットと言えるでしょう。不倫調査や浮気調査、財産相続問題や行方不明者の捜索など、基本的にネガティブな内容の依頼が大半を占めることになりますが、例えばただハンコを押すだけの単調な事務仕事などとは異なり、探偵のお仕事は常に目新しさがあります。
 例えば不倫調査でも状況は上司と部下だったり、幼馴染同士のダブル不倫だったり、シチュエーションも依頼内容も様々なので「世の中にはこんな事件が起こっているか…」と依頼が舞い込む度に感心させられることも珍しくないそうです。

 また、配偶者に浮気された、と同じ境遇に陥ったとしても、人によってはひたすら離婚を有利に進めて慰謝料の額を釣り上げようとする方、結婚生活を継続させる為に不倫相手と別れさせようとする方、慰謝料も請求せずただ一刻も早く相手との縁を切りたがる方など色々です。思わず「結婚とは何か」、「男と女とは何か」など哲学的なことを深く考えてしまいそうになる程、お仕事内容は刺激的です。

 一般的には不倫はよくない、と言うのが正論ですが、探偵の中には仕事を通して何件もの不倫ケースに直面します。「配偶者の度重なるドメスティック・バイオレンスで他の異性に心の拠り所を求めるようになった女性」など、世間で言う正義、正論が必ずしもまかり通らないこともある、と人間や物事の見方が寛容的になったこともメリットの1つと挙げる探偵もいらっしゃいます。

 
探偵のデメリット
 探偵のお仕事は普通の人、普通のお仕事では経験できないようなユニークな経験をできることが最大のメリットですが、ただし映画やドラマ、小説の刑事もの、探偵ものに憧れている方は要注意です。確かに実際のお仕事でもドラマのようなドラマティックな出来事、結末、意外な人間関係などに遭遇する可能性はありますが、そういった成果を得る為には長時間に及ぶ張り込みや尾行を続けたり、聞き込みの際に不審がられたり、と言う肉体的、精神的にハードな業務をこなさなければなりません。
 また、調査業ですから地道なデータ収集で事件解決の糸口を掴んだり、探偵だからと言って毎日が刺激的な生活とは限りません。

 それに守秘義務の問題があるので、あまり周囲に探偵と言うことも公表しにくく、「あの人何している人なのかしら」などと近所の方や知り合いに不思議に思われる点もデメリットの1つでしょう。

 更に普通のお仕事のように、過去、現在抱えている案件について人に話すのはタブーですから、仕事の愚痴も言い難い点もデメリットです。

 また、刑事事件を取り扱うことがあまりない日本の探偵事務所ではそう心配することはありませんが、依頼内容によっては探偵自らが危険な目に遭う可能性もゼロではありません。あるいは、探偵事務所に舞い込む依頼は浮気、不倫調査や相続トラブルなどネガティブな内容ばかりですから、暗い相談、深刻な問題に直面するうち「ひどい世の中だ…」などと悲観的になってしまう探偵も少なくないそうです。

 
探偵の収入
 一般的な事務や営業のお仕事とは異なり、探偵の収入は外部の人間には想像しにくいものでしょう。そもそも探偵を職業としている方は職業意識が高い方ほど、あまり周囲に自分が探偵であることをおおっぴらに公表しませんし、近所の方には「サラリーマンです」なんて違う職業を名乗っているケースも少なくないそうです。やはり探偵であることが知られてしまうと、万が一知り合いの知り合い…なんて遠いルートからも探偵であることが伝わってしまい、尾行に気づかれてしまったり、なんて失敗にも繋がります。
 また、最近はテレビで探偵の学校や探偵のお仕事について特集が組まれる機会もよくありますが、現役で活躍している探偵さんは基本的に顔にモザイクをかけていますよね。

 身分を明らかにしないぐらいですから探偵の収入について探ることは非常に難しく思えますが、実際のところ、探偵の年収はかなり差が激しいことが特徴で、一概に平均年収を割り出すことはできません。

 探偵個人の収入、と言うよりは雇われている探偵事務所自体の収入が重要な要素を占めます。全国にチェ−ン展開しているような規模の大きい探偵事務所の場合、比較的安定した収入が見込めますが、「たまにしか依頼がこない」なんて弱小個人事務所の場合、収入は完全出来高制になりますし次の収入がいつ入るのかも分からない状態になります。

 ただし、50万円以上の大口相談しか受け付けない事務所も少なくありませんし、実力次第では年齢や過去、性別に関わらず高収入を得ることも可能です。

 
探偵の必需品
 探偵を目指す方のご参考までに、探偵の必需品をいくつかご紹介したいと思います。まず、探偵は調査業で基本的に客観的に動かぬ証拠を依頼主に提出しなければならないお仕事が大半ですから、ビデオカメラやカメラ、無線カメラなどの撮影道具は必須アイテムですし、ICレコーダーで音声を記録することもあります。また、法的なことを考えると問題行為ではありますが、盗聴器を仕掛けるケースも実際には珍しくないと言われています。
 また、盗聴器、盗撮器の調査依頼の場合、盗聴発見器などの特殊な調査機器を使用しますし、カメラなどの調査機器の場合、状況に応じて遠くからでもはっきりと映る一眼レフカメラを使ったり、写真を撮影していることを相手に気づかれないようコンパクトカメラや携帯電話のカメラ機能を使わけるなど臨機応変に対応しなければなりません。

 また、自動車、バイクも探偵の必需品ですし、運転免許も取得する必要があります。また尾行の際にはどういうルートで調査対象者を追うのか完全に把握しきれない為、そのエリアの路線地図や一般地図など、交通に明るいことも重要な要素ですし、最近はコンパクトサイズのパソコンを携帯し、必要に応じて調べながら働くことも増えていると言われています。

 その他情報源として度々活躍するのが、住宅地図、NTT電話帳データ、帝国データバンク、法務局、名簿屋、ココセコムやNTTドコモのいまドコサービスなど、位置情報サービスなどだそうです。もちろんスタッフや本部と連絡を取り合う無線も欠かせませんし、携帯電話も必要不可欠です。

探偵学校について

探偵学校とは
 探偵学校とは、探偵事務所や興信所などが探偵を養成するための学校です。探偵学校の区分としては、徒弟制又は探偵学校形式のものとフランチャイズとしての開業制となるものが一般的です。
 探偵と言うと物語に出てくる架空の職業のように感じる方も多いようですが、個人間でも企業間でも複雑なトラブルが頻発している現在、探偵の需要は非常に伸びています。実際、探偵になりたい、と言う方も「夫の浮気調査をお願いしたい…」なんて探偵を必要する方も急増した結果、新しい探偵会社も次々に起業していますし、探偵になる為の探偵育成学校まで登場している状況です。

 探偵に関する職業としての取り決めがはっきりしている海外とは異なり、まだまだ日本の探偵は専用の資格があるわけでもありませんし、テレビなどのメディアにも度々登場するような優秀な探偵事務所が活躍している一方、詐欺紛いの悪質行為でトラブルに発展する怪しい探偵が存在するのも事実です。

 将来探偵業に就きたい方のご参考までに、どのようにして探偵になることができるのか、探偵デビューまでのルートや年収、適性なども気になるところ。

 一昔前より確実に探偵サービスは需要が伸びていますが、探偵が請け負うのは通常素行調査や浮気調査、昔の恋人や家出人、失踪人を探す行方調査、信用調査や身辺調査、保険調査や盗聴器発見調査などですが、本来の探偵のお仕事の枠を遥かに超えているような業務に関しても需要が伸びています。今後益々探偵の業務内容は多岐に渡り、進化していくことが予想されます。そういう意味では非常に将来性が豊かな職業とも言えるでしょう。

探偵学校ナビは、探偵開業したい方向けの探偵学校の検索サイト。探偵学校の内容、所在地、最寄り駅、講義内容、受講内容、電話番号、所属団体、加盟団体などの詳細情報。